映画化希望!高橋一生&長澤まさみ出演dtvのCMが感動的

今月から放映されているdtvのCMは皆さんご覧になられましたか? 宇宙飛行士である妻を長澤まさみさん、サラリーマンの夫を高橋一生さんが演じられています。

宇宙と地球という遠く離れている二人ですが、dtvで同じ海外ドラマを見て繋がっているというとても感動作品に仕上がっています。

作品自体はまるで超短編映画のよう。そして映像をバックに流れる音楽が感動的です。

撮影秘話、長澤まさみさん、高橋一生さんのインタビュー、CMで使われている歌 、セリフ、動画についてまとめてみました。

 

ストーリー

妻は宇宙ステーションに滞在するエリート宇宙飛行士。平凡なサラリーマンの夫は東京の団地で、妻の帰りを一人待っています。

宇宙ステーションで精密機器に囲まれながら任務をこなす妻と、夕食を大衆食堂でとり、家に帰ると自分の洗濯ものを畳んだりとのんびりとした日常を送る夫という別世界で生活を送る2人ですが、 dtvで同じ海外ドラマを見ているというところで繋がってるのです。

撮影秘話

夫婦の心が繋がっている感じを出すために、長澤まさみさんが宇宙で回転しているシーンは、それを受ける高橋一生さんの映像もカメラを回転させて同じような浮遊感を出していたそうです。
撮影監督によれば、長澤まさみさんは宇宙飛行士で強い女性という設定だそうです。その対比として、高橋一生さんはおっとりとしたマイペース、ちょっと頼りない感じのサラリーマンを演じていらっしゃいます。二人は毎日dtvで海外映画を見てメールで語り合う、という内容です。

精巧な宇宙ステーションのセット

長澤まさみさんのシーンは精巧な宇宙ステーションのセットの中で、無重力空間を表現するワイヤー撮影が行われました。地上にいる夫を思い浮かべながら、芯のある女性を演じた長澤さん。撮影最後には「無事、地球に帰ってこれました。」と笑みがこぼれました。

高橋一生さんは寒さが厳しい早朝から撮影を開始。交差点をわたるシーンから始まり、寝室や屋上、リビングでの撮影が二日間にわたり行われました。セリフのない難しい演技でありながら、遠く離れた宇宙空間で少し不安になった妻を、 やさしく包み込むような夫を演じていました。

CM中のセリフ

宇宙ステーションでタブレットで海外ドラマを見る女。
地上ではその夫が同じドラマを見ていると、スマートフォンに宇宙にいる妻からのメッセージが受信される。夫婦のメッセージのやりとりである。

女 ねぇ、今日世界が滅んじゃったらどうする?

男 このドラマみたいに?

女 うん。そばにいてくれる?

男 そりゃあもちろんですよ。

女 どうやって?無理じゃない

男 なんかないのかなぁ。臨時便とか。

女 あるわけないでしょ。

男 あぁーー・・・、じゃあ、アイアンマンのスーツみたいな・・

女 それもありません。
(宇宙空間で船外活動中に地球に向かってつっこみ ポコッと言う音)

男 すいません。
(東京のスクランブル交差点でつっこまれた後頭部に手を当てる)

女 相変わらずのんきだねぇ。

男 いやいや。地球も意外と息苦しくて。

女 そうは聞こえないけど?

男 そうかなぁ。

(空を見上げる男。地球、日本の上空に宇宙ステーションが)

男 あっ

(宇宙ステーションから地球を見つめる女)

女 なんか。安心した。

男 なにが?

女 なんでもない。

男 次何見る?

「どの物語で、ひとつになろう?」

 

CM曲、歌は誰が歌ってる?

CM曲はブルーノ・マーズ(Bruno Mars)が歌う「トーキング・トゥ・ザ・ムーン Talking To The Moon」です。

歌詞がCM内容とリンクしているようで、改めて歌詞を見ながら曲を聴いてみると感動してしまいます。

メイキング映像

dtv CM ふたりをつなぐ物語り 60秒

長澤まさみ・高橋一生インタビュー

長澤まさみさん
演じる上で意識したのは、ごく当たり前の普遍的な日常ではあるので、相手役の高橋さんを思い浮かべながら、夫婦としての思いやりが持てるような感じを演じられればなぁと思って演じました。

高橋一生さん
とても物語がしっかりしてる作品だなぁと思って絵コンテを読ませていただきました。その作品の中の一部に入れるというのがうれしかったです。

まとめ

CM自体が一つのドラマのようで、続編に期待してしまいます。同じキャストで映画になったりしたら是非見てみたいですね。宇宙と地上だけでなく長澤さんのきりっとした美しさと、高橋さんの柔らかいカッコ良さの対比も際立つ素敵なCMです。

 
使用していますがおすすめです。記事にも書いていますのでよろしければご覧下さい。
脱毛器ケノン


お読み頂きありがとうございます。ランキングに参加しているので1日1回下のバナーを応援クリックしていただけると大変うれしいです!!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です